水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥が気になる体の部位別に対策! » お腹

お腹

お腹の乾燥が気になる方へ乾燥の原因と対策を3つご紹介しています。

お腹が乾燥する原因1:ストレス

ストレスを感じることで、自律神経が乱れて乾燥肌になるのは、ほかの部位でもいえますが、内臓が密集するお腹はとくに自律神経の影響を受けやすい場所です。

ストレスによって自律神経が乱れると、内臓の機能に異変が起り、下腹部がかゆくなる現象が。結果、無意識のうちにお腹をかきむしってしまい、肌角質が壊れて乾燥の原因となります。

ストレスは「深呼吸や半身浴」で乾燥肌対策!

乱れた自律神経を落ちつかせる方法として、深呼吸や半身浴が有効です。肺一杯に酸素を取り込み、そして吐き出す。たったこれだけの行為を繰り返すだけで、心が穏やかになります。

半身浴は、浴槽に38~40度のぬるま湯をはり、腰骨まで30分ほど浸かるだけ。心と体の緊張状態がほどけ、無意識にお腹をかきむしる衝動も軽減します。

お腹が乾燥する原因2:基礎代謝の低下

昔は問題なかったのに、最近になってお腹が乾燥しだしたという方は、年齢と共に基礎代謝が低下している可能性大。これは、血の巡りや保湿機能の低下も意味します。

とくに保湿機能が低下したお腹はガサガサとした肌触りになってしまうので、体の外側と内側から保湿ケアを実践していきましょう。

基礎代謝の低下は「食生活と保湿ケアの見直し」で乾燥肌対策!

基礎代謝を上げるために、血液がサラサラなる食べ物を普段の食事に取り入れてみましょう。たとえば、納豆、焼き魚、きのこと玉ねぎの味噌汁。海藻サラダに刺身、きのこのソテーなどの献立がおすすめです。血液をドロドロにしてしまう糖質や脂質の過剰摂取は避けてください。

また、日々の保湿ケアも欠かせません。お腹まわりが白くなるほど乾燥している場合、保湿力の高い成分が配合された美容液やボディクリームを塗りましょう。

お腹が乾燥する原因3:洗いすぎ

お腹の乾燥に繋がりやすい1番の原因が入浴方法。ナイロンタオルでゴシゴシと洗ったり、皮膚が荒れるほどへそのゴマをほじったりするのはNG行為。おへそはお腹の静脈の分岐点にあたるので、力強く洗ったりほじったりすると、感染症を引き起こす恐れがあります。

洗いすぎには「優しい泡洗い」で乾燥肌対策!

お腹を洗う際は、ボディソープをしっかりと泡立ててください。そして、おへそを泡で優しく包み込むように洗いましょう。おへそに皮脂を溜まったままだと不衛生なので、皮脂をしっかり落とす低刺激のボディソープを選ぶと良いでしょう。

お腹の乾燥対策には「ストレスフリーな肌ケア」が大切

お腹は、手足や背中に比べてストレスの影響を受けやすい部位。ただ保湿するだけでは乾燥対策にはなりません。手間や負担の少ないストレスフリーな肌ケアを毎日続けることが乾燥肌対策になります。

おへそ周りは皮脂が残りやすいので、洗い残しがないように気をつけながら優しく丁寧に洗いましょう。ボディソープを泡立てるのが面倒な場合、泡タイプのボディソープがおすすめです。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥が気になる体の部位別に対策!