乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌向けボディソープ22商品すべての水分量+皮脂量を計測!

乾燥肌向け
ボディソープ22商品
すべての水分量皮脂量を計測!

肌スキンチェッカーを使用して、ボディソープ22種類の洗いあがり後の水分量・皮脂量を計測。皮脂(汚れ)を落としながらも、水分(うるおい)を補うボディソープはどれでしょうか?計測した中でも水分量・皮脂量の数値バランスが良かった5つのボディソープを紹介します!

計測結果発表!乾燥肌対策におすすめのボディソープBEST5

ボディソープで洗う前、何もしていない状態の肌の状態は、水分量が29%、皮脂量が44%。これは肌の水分量を補うために皮脂が過剰に分泌されているインナードライの状態です。このインナードライのお肌を救うボディソープはあるのか?計測結果を発表します!

計測結果一覧表

No.1
ケアセラケアセラ
泡の高保湿
ボディウォッシュ

水分量29
皮脂量44

水分量67
皮脂量21

No.2
ハダカラハダカラ
ボディソープ

水分量29
皮脂量44

水分量61
皮脂量19

No.3
レイヴィーレイヴィー
ボディシャンプー

水分量29
皮脂量44

水分量49
皮脂量32

No.4
キュレルキュレル
ボディウォッシュ

水分量29
皮脂量44

水分量48
皮脂量31

No.5
ミノンミノン
全身シャンプー
(しっとりタイプ)

水分量29
皮脂量44

水分量45
皮脂量30

No.1ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ

ケアセラ

水分量29
皮脂量44

水分量67
皮脂量21

水分量29%→67% 38%アップ↑
皮脂量44%→21% 23%ダウン↓

ケアセラで洗った後の水分量は67%、皮脂量が21%。汚れである皮脂を取り除きながらも、水分を補う結果となりました。

また、洗いあがりもさっぱりとはしながらも、つっぱる感じやかゆみなどはなかったので、乾燥肌対策できるボディソープだと思いました。

ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュの
詳細を公式HPでチェック!

ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュの口コミ評判

豊富な配合成分で洗い上がりなめらか!ケアセラは7種類の天然型セラミドや、3つの植物エキスなどうるおい成分が豊富に含まれているのだとか。つまり、肌のバリア成分を守りながら汚れを落としてくれるみたい!実際に使ってみると泡の伸びが良く、5~6プッシュで全身が洗うことができ、コスパも良いのかな?と。

高濃度セラミド泡にしっとり包まれます肌の保湿力の鍵を握るセラミド配合のボディウォッシュ。洗っていくとしっとりしたテクスチャーが体を覆っていく感じがわかります。泡で出てくるタイプなので洗うのに時間がかからず、寒い季節にもピッタリかなと。気に入ったので、季節に関係なくリピートしていきます!

たっぷりのもちもち泡が気持ちいい私は昔から乾燥肌なので以前からセラミドに興味をもっており、セラミドに着目したボディソープということで使ってみることに。もちもちのきめ細かい泡はへたりにくく、肌に負担をかけず全身を気持ち良く洗えました。洗い上がりはすべすべ、とくに乾燥する季節に重宝します。

ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュの基本情報

肌のうるおい成分である「セラミド」に着目してつくられたケアセラ。実験の結果でもほどよく皮脂を取り除きながら、ダントツで水分量のアップが見られ、利用者の91%がしっとりした洗い上がりを実感しているというデータも。「洗う」を見直すことで、乾燥肌対策ができます。

販売元
ロート製薬
参考価格
979円(税込)
内容量
450ml

No.2ハダカラ ボディソープ

ハダカラ

水分量29
皮脂量44

水分量61
皮脂量19

水分量29%→61% 32%アップ↑
皮脂量44%→19% 25%ダウン↓

ハダカラを使用したときの数値は、水分量が61%、皮脂量が19%。1位のケアセラと比較すると、洗浄力はより強く、保湿力はややマイルドな結果となりました。

使用感としては、皮脂汚れをしっかりと落としている割には肌のつっぱりは感じられず。テクスチャーは重ためで、保湿力がありそうな感じはありました。

ハダカラ ボディソープの
詳細を公式HPでチェック!

ハダカラ ボディソープの口コミ評判

お風呂上りも続く上品な香りが好きです清潔感がある上品で清楚な香りと、甘くて可愛らしい香りがミックスされた感じ。お風呂から出た後もずっといい香りに包まれるので、いつもお風呂上りにうっとりしています。きめ細かい濃密な泡がうるおいをキープして、しっとり洗い上げてくれる感じがします。

吸着処方でつるっとなめらかな肌に!赤ちゃんでも使えるとのことで、安心感があります。泡立てるとモコモコの泡ができて、体を洗い流すとつるっとなめらかな感じがします。タオルドライした後もしっとり感がありました。さっぱり感のあるボディソープは乾燥が気になるので、ハダカラありだと思います!

手放せないほど愛用していますひどい乾燥肌なのですが、ボディシャンプーにあまりお金をかけられない状態で、なるべく安くケアできる商品はないかなと探していました。印象的なCMに惹かれてハダカラを購入したのですが、今では常にストックしておくほど愛用しています。

ハダカラ ボディソープの基本情報

水分と混ざることで保湿成分が肌に吸着しやすくなる日本初「吸着保湿処方」のハダカラ。従来のボディソープでは洗浄時に洗い流されていた肌のうるおい成分をキープすることで、高保湿の実現を目指します。

販売元
ライオン
参考価格
オープン価格
内容量
500ml

No.3レイヴィー ボディシャンプー

レイヴィー

水分量29
皮脂量44

水分量49
皮脂量32

水分量29%→49% 20%アップ↑
皮脂量44%→32% 12%ダウン↓

レイヴィーを使用したときの洗いあがりの数値は、水分量が49%、皮脂量が32%。数値を見る限りでは、マイルドな洗いあがりでした。

使い心地としては、ボディソープのテクスチャーは濃厚で、洗いあがりもしっとり。香りは海外製品っぽい独特の香りですが、気に入る方は気に入ると思います。

レイヴィー ボディシャンプーの
詳細を公式HPでチェック!

レイヴィー ボディシャンプーの口コミ評判

使用感・香りともにgood人からいただいたので使ってみることに。レイヴィーを使ってからカサカサしなくなった気がして、気に入っています。実際、保湿クリームの量も減りました。濃厚ミルクのニオイは牛乳嫌いな私でも好きになれたいい香り。使い終わったらリピートしようと思っています♪

大容量でコスパ◎はじめは母にすすめられて使いましたが、すっかり気に入ってその後も使っています。泡立ちはあまり良くないので1回の使用量は多くなりがちですが、大容量を約1000円で購入が可能。香りがとても良くやさしい牛乳の香りがバスルームいっぱいに広がってほっこりします。

角質層にまでアプローチ?ヤギのミルクは牛乳に比べて分子の大きさが小さいため、保湿成分が角質層までしっかり浸透するのだとか。角質ケアにもなるのでツルツル肌になれるかも?テクスチャーは思ったよりもドロッとしていて、泡立てて肌に乗せると保湿ベールに包まれている気分でした。

レイヴィー ボディシャンプーの基本情報

ヤギのミルクを中心とする天然由来の素材からつくられたレイヴィー。ヤギミルクは牛乳と比べて分子の大きさが小さいことから保湿成分の浸透力が高いのが特徴で、豊富なビタミンを含むなど古くから美肌に良いとされてきました。うるおいを与え、乾燥・汚れから肌を守ってくれます。

販売元
アクシス
参考価格
1,393円(税込)
内容量
1,150ml

No.4キュレル ボディウォッシュ

キュレル

水分量29
皮脂量44

水分量48
皮脂量31

水分量29%→48% 19%アップ↑
皮脂量44%→31% 14%ダウン↓

キュレルのボディウォッシュで洗った後の数値は、水分量49%、皮脂量32%。過剰に皮脂を落とすことなく、水分量が少し補われる結果となりました。

敏感肌乾燥肌用ということで、かゆみや乾燥は感じず。また、洗いあがりのさっぱり感はないものの、つっぱる感じもありませんでした。

キュレル ボディウォッシュの
詳細を公式HPでチェック!

キュレル ボディウォッシュの口コミ評判

モコモコ泡でしっとりした洗い上がり泡立ちが悪いと聞いていましたが、私はまったく気になりませんでした。パイル生地に包まれているスポンジで泡立てているのですが、2プッシュくらいで十分モコモコに。無香料で香りがしつこくないのはいいのですが、匂いが無さ過ぎて寂しい気もします。

お手頃ケアで肌トラブルが減りました冬場の乾燥で全身かきむしり跡だらけだった私ですが、ものぐさなので特別なケアなしにどうにかならないかなと思っていました。そこで普段使っているボディソープをチェンジ!キュレルはお値段がお手頃なのに肌トラブルが減って大満足です。

やさしい洗い心地で肌が整います肌にやさしいボディソープで、泡も過剰な感じがしなくて私は好みです。洗浄力は強くなさそうなので日焼け止めクリームは落ちにくいかもしれませんが、肌のコンディションを整えるのに最適なボディソープだと思います。

キュレル ボディウォッシュの基本情報

「乾燥性敏感肌の人に明るい気持ちを届けたい」との思いで誕生したキュレルのボディウォッシュ。低刺激性の成分を配合し、肌のバリア機能であるセラミドを守りながら、汗や汚れを洗い流します。炎症剤であるグリチルリチン酸ジカリウムも入っており、肌荒れを整えるのにも最適です。

販売元
花王
参考価格
1,080円(税込)
内容量
420ml

No.5ミノン 全身シャンプー(しっとりタイプ)

ミノン

水分量29
皮脂量44

水分量49
皮脂量32

水分量29%→49% 20%アップ↑
皮脂量44%→32% 12%ダウン↓

ミノン全身シャンプーを使用した後の数値は、水分量49%、皮脂量32%。水分量・皮脂量の変化を見ると、マイルドなボディソープであることがわかりました。

使ってみた感想としてはすっきり・さっぱり感はあまり感じられませんでしたが、肌のつっぱりやかゆみなどは起こらず、乾燥肌向きのボディソープだと思いました。

ミノン 全身シャンプー(しっとりタイプ)の
詳細を公式HPでチェック!

ミノン 全身シャンプー(しっとりタイプ)の口コミ評判

ぬるぬる感なくしっとり仕上がる体から頭まで全身ミノンで洗っていました。とくに頭皮の乾燥で悩んでいた家族に好評でした。泡立ちはあまり良いほうではないですが、泡立てネットを使えば十分泡立ちます。洗い流した後はぬるぬるが残る感じはなくしっとり。家族みんなで使えるのが便利です。

肌に負担をかけない洗い上がりです以前モニターで使用しました。肌本来のうるおい成分を落とすことなく、負担の少ない成分で洗い上げるボディシャンプーのようです。使ってみると泡立ち・泡切れが良く、使用した後の肌はすべすべしっとり。顔・頭・全身使えるのも嬉しいところです。

泡立ちは…でもしっとり感◎もっこもこの泡が好きなので、ミノンはちょっと物足りなかったのですが、肌のしっとり感はお気に入り!液体は透明でサラサラ、無駄なものが一切入っていない感じ。まだ使いはじめてから1ヶ月も経っていませんが、すっかり虜になってしまい手放せなくなっています。

ミノン 全身シャンプー(しっとりタイプ)の基本情報

植物性アミノ酸系洗浄成分を配合するミノン。独自の保湿洗浄「洗う保湿ケア」の思いで開発されました。アレルギーの原因となる物質を極力カットした肌に負担をかけにくいボディソープで、体だけでなく頭皮の洗浄もできるのが特徴です。

販売元
第一三共ヘルスケア
参考価格
1,404円(税込)
内容量
450ml

洗いあがりの水分量・皮脂量を
調査したボディソープ一覧

カウブランド無添加
ボディソープ

カウブランド無添加 ボディソープ

着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・アルコール不使用の肌にやさしい無添加仕上げのボディソープ。石鹸成分とアミノ酸系洗浄成分がバランスよく配合され泡立ちはクリーミィ、さっぱりした洗い上がりが特徴です。

キュレル
ボディウォッシュ

キュレル ボディウォッシュ

乾燥性敏感肌用につくられたボディウォッシュ。不足しがちなセラミドを守り、肌のバリア機能を高めてくれます。12年の研究技術がぎゅっとつまった商品。洗浄と保湿のダブルアプローチで肌のうるおいを保ちます。

クユラ
ボディソープ

クユラ ボディソープ

資生堂が開発しているボディソープ。弾力のあるきめ細かな泡が特徴的で、肌をパックするようにマッサージしながら洗っていきます。少量でもしっかり泡立ち、肌が傷つきません。洗い上がりはさっぱりしています。

ケアセラ
泡の高保湿ボディウォッシュ

ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ

「乾燥肌の人をなくしたい」という思いからつくられた乾燥肌用ボディウォッシュ。7種類の天然型セラミドを配合し、うるおいを守りながら洗い上げてくれます。泡で出てくるタイプのボディウォッシュのため、肌への摩擦も少ないのが魅力です。

コラージュ
フルフル液体石鹸

コラージュ フルフル液体石鹸

抗カビ成分であるミコナゾール硝酸塩と殺菌成分を配合した日本初の石鹸。赤ちゃんからお年寄りまで使える低刺激性の石鹸でありながら、細菌やカビの増殖をしっかり抑え、汚れやニオイの改善にはたらきかけるボディソープです。

専科
パーフェクトホイップ
フォーボディ

専科 パーフェクトホイップ フォーボディ

洗顔料で有名なパーフェクトホイップのボディケア商品。洗顔と同じくボリュームのある濃密泡が肌を傷つけずにしっとりなめらかな素肌へ洗い上げてくれます。保湿成分としてヒアルロン酸が配合され、うるおい感もバッチリです。

ダヴ
プレミアムモイスチャーケア
ボディソープ

ダヴ プレミアムモイスチャーケア ボディソープ

ステアリン酸・グリセリン水溶液・ココイルグリシンKといった高保湿ミルクを配合し、ダヴ史上最高のうるおいを実現したボディソープ。シルクやすべすべの毛布のように、つい触れたくなってしまう肌を目指して開発されました。

ナチュサボンセレクト
ホワイトボディウォッシュモイスト

ナチュサボンセレクト ホワイトボディウォッシュモイスト

ナチュサボンセレクトのホワイトボディウォッシュモイストは、植物由来成分85%の泡がうるうる肌に導くボタニカルボディウォッシュ。配合されたココナッツオイルやシアバター、ハトムギエキスが、古い角質にもアプローチします。

ニベア
クリームケアボディウォッシュ

ニベア クリームケアボディウォッシュ

保湿クリームで知られるニベアが開発した濃厚保湿のボディウォッシュ。たっぷりのお湯に液を入れ、タオルやスポンジで泡立てることでホイップ状のモコモコ泡ができあがります。洗い上がりは比較的すっきりしているタイプです。

バウンシア
ボディソープ

バウンシア ボディソープ

美肌成分であるヒアルロン酸・コラーゲン・ミルクバターを配合したボディソープ。弾力のあるきめ細かい濃密泡が特徴的で、肌を摩擦から守りつつ汚れをやさしく落としてくれます。うるおいのあるキレイな肌を目指せますよ。

バストロジー
泡のボディケアウォッシュ

バストロジー 泡のボディケアウォッシュ

体を包み込むアロマの香りや、ピンクのボトルデザインといった女性らしい雰囲気が特徴。泡で出てくるタイプなので、手間をかけずにやさしく汚れを落とせるのが魅力です。弱酸性の洗浄成分と保湿クリーム成分でしっとり艶肌へ導きます。

ハダカラ
ボディソープ

ハダカラ ボディソープ

日本初の吸着保湿処方によって保湿成分が洗い流されない仕組みのハダカラは、120年間の皮膚洗浄研究データを惜しみなく取り入れたボディソープです。洗い上がりはさっぱりしているのにタオルドライ後もしっとり感が続くのが魅力。

ビオレu
ボディウォッシュ

ビオレu ボディウォッシュ

素肌と同じ弱酸性の成分で、角質層の働きを守りながら汚れを落とすボディウォッシュ。汚れや汗を浮かせて落とし、みずみずしくするんとした肌へと導きます。

ボタニスト
ボタニカルボディーソープ
モイスト

ボタニスト ボタニカルボディーソープ モイスト

Wフレグランスでアロマのような香りが広がるボタニカルボディーソープ。香りだけでなく、植物由来の保湿成分やサルフェートなど、成分にもこだわりがあります。

ママバター
ボディソープ

ママバター ボディソープ

天然由来の保湿成分やシアバター由来の洗浄成分を配合し、お風呂上がりのつっぱり感を防ぐボディソープ。なめらかな泡が汚れを抱き込むように洗い流すため、泡切れの良さも抜群です。

ミノン 全身シャンプー
(しっとりタイプ)

ミノン 全身シャンプー

アレルギー原因物質のカット、低毒性、弱酸性にこだわってつくられたミノンは、肌へのやさしさを考えた商品をつくり続けています。体はもちろん頭皮までこれ1つで洗えるのが特徴です。

ミュオ ボディソープ

ミュオ ボディソープ

高い保湿効果で、うるおいを保ったまま汚れを落とすボディソープ。天然保湿成分である国産米由来の酒かすエキスや米ぬかエキスを配合し、無添加にこだわったボディソープです。

メルサボン モイストボディウォッシュ

メルサボン モイストボディウォッシュ

肌がもともと備える保湿力を高めることに着目してつくられたボディウォッシュ。植物由来成分を配合し、肌へのやさしさは抜群。香りにもこだわりがありバスタイムが楽しくなります。

モイスト・ダイアン
ボディソープ

モイスト・ダイアン ボディソープ

弱アルカリ性の石鹸洗浄成分で汚れを落としながらも、さっぱり洗い上げるボディソープ。ヴァージンアルガンオイルなど厳選した14種類の植物オイルが美肌保湿効果を実現します。

ラックス ボディソープ

ラックス ボディソープ

世界的な調香師が手がけた上質な香りが魅力のラックスボディソープ。4種の美容オイルを配合し、うる艶肌へと導きます。また、洗い上がりのつっぱる感じもありません。

ラメランス ボディウォッシュ

ラメランス ボディウォッシュ

従来のボディウォッシュだと破壊されていた角質層にあるうるおいの根源「ラメラ」。このラメラを守りながら洗い上げ、お風呂上りもしっとり感が長く続くよう開発されました。

レイヴィー ボディシャンプー

レイヴィー ボディシャンプー

人の母乳に1番近いヤギのミルクを使用したボディシャンプー。保湿成分が角質層まで浸透し、肌にうるおいを与えます。洗っているときの泡の感触はもっちり、洗い上がりはしっとり。

調査しました!乾燥肌対策を一刀両断
うるおうボディケアはどれ?

ボディソープVSお湯洗い

ボディソープVSお湯洗い

乾燥肌に最適な洗い方はお湯洗い?それとも泡洗い?お湯だけで洗った場合とボディソープで洗った場合、両方の肌の水分量と皮脂量を計測しました。合わせてお湯洗いならではのメリット・デメリット、乾燥肌の注意点を解説します。

more

ボディソープVS石鹸

ボディソープVS固形石鹸

ボディソープと固形石鹸、皮脂を適度に洗い流して肌にたっぷりと水分を残してくれるのはどちらでしょう?実際に洗った後の水分量と皮脂量を比較してみました。ボディソープと固形石鹸の違いや、特徴もまとめました。

more

ボディソープVSボディクリーム

ボディソープVSボディクリーム

何もケアしていない肌で、ボディクリームを塗った場合とボディソープで洗った場合の水分量・皮脂量を比較してみました。結果、水分を補う場合と油分を補う場合では、乾燥肌対策が違うことが判明しました。

more

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
比べたのはコレ!乾燥肌向けボディソープ22商品の口コミ