水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌向けボディソープ22商品すべての水分量+皮脂量を計測! » 比べたのはコレ!乾燥肌向けボディソープ22商品の口コミ » ハダカラ ボディソープ

ハダカラ ボディソープ

日本初の吸着処方を用いたハダカラのボディソープについてまとめています。使ってみたときの肌水分量・皮脂量の変化、利用者の口コミや商品の特徴を調査しました。

ハダカラ ボディソープの水分量・皮脂量データ

ハダカラ ボディソープを冬(3月)に使用した結果

before after
ハダカラ_計測画像_before ハダカラ_計測画像_after
水分量 29% 水分量 61%
皮脂量 44% 皮脂量 19%

ハダカラのボディソープで洗う前の水分量は29%、皮脂量が44%。理想の肌バランスは、水分と油分が8対2、水分量が40%以上が最適だとされています。

そこから体を洗った後の数値は、水分量は61%、皮脂量が19%。ほぼ、理想の肌バランスに近い数値が計測できました。

ハダカラ ボディソープを冬(3月)に使用した感想

ハダカラのテクスチャーは、ぬるぬるとして肌についてくるような感じで、これが吸着保湿処方の正体かな?と思いました。洗いあがりはさっぱりしていながらも、つっぱる感じや乾燥してかゆくなる感じは見受けられず。肌実験の数値を見る限りでも、理想の肌バランスへと導いてくれるボディソープではないかと思います。

ハダカラ ボディソープを春(5月)に使用した結果

before after
ハダカラ_計測画像_before ハダカラ_計測画像_after
水分量 34% 水分量 48%
皮脂量 50% 皮脂量 32%

ボディソープで洗う前の水分量は34%、皮脂量は50%。冬に計測したときよりも、水分量・皮脂量ともに5%ほど高い数値となりましたが、相変わらずのインナードライの状態の肌質です。

そこから体を洗った後の数値は、水分量が54%、皮脂量が17%。冬の結果と比べてみると、とくに皮脂量が落ちた印象のため、洗浄力がより強く感じられました。

ハダカラ ボディソープを春(5月)に使用した感想

改めて春に使用してみたところ、洗っているときも洗いあがりも、さっぱりとした印象を受けました。季節で肌質が少し変わったのでしょうか?しっとり感よりも、肌の汚れをきれいに洗っている感じがしました。

実際に計測した数値を見る限りでも、皮脂量が30%ほど低い結果に。肌数値を見る限りでは、肌のバランスもとれているようなので、季節変わった春でも乾燥肌対策ができるボディソープだといえます。

ハダカラ ボディソープを夏(8月)に使用した結果

before after
ハダカラ_計測画像_before ハダカラ_計測画像_after
水分量 39% 水分量 56%
皮脂量 26% 皮脂量 18%

ハダカラのボディソープで洗う前の数値は、水分量が39%、皮脂量が26%。肌の状態は、「普通の状態」との結果が出ました。冬と春の数値と比較すると、インナードライが解消して皮脂量より水分量のほうが上回っています。

そこからハダカラで洗った後の数値は、水分量が56%、皮脂量が18%。肌の状態は、「非常にキメが整っていて、ふっくらとハリがある」と測定されました。

ハダカラ ボディソープを夏(8月)に使用した感想

春の測定結果と比較してみると、洗いあがりの水分量・皮脂量ともに変わらないような数値となりました。このことから、ある一定の皮脂量は残しながらも肌を洗浄していることがわかります。

保湿力も春とさほど変わらない印象で、保湿力・洗浄力ともに季節を通して一定であることがいえるのではないでしょうか。

ハダカラ ボディソープの口コミ評判

汚れはさっぱり、
肌はしっとりなのが◎

赤ちゃんにも使えるやさしい成分でつくられているボディソープなので安心して利用できます。家族みんなが使いやすい点は大きな魅力ですよね。

汚れはしっかり落ちていてさっぱりしますが、しっかりと保湿されるので気に入っています。肌がうるおいのベールで包まれている感じ。これからも使っていきます。(31歳/乾燥肌)

使ってみると
吸着保湿処方がわかります

CMで見てから吸着保湿処方が気になっていたのですが、使ってみて実感!体を洗ったあとに肌がしっとり柔らかくなります。触り心地もすべすべ。保湿成分が肌表面に残ってうるおいをキープしてくれるのだそうです。

シロップのようにとろんとしたテクスチャーでジェルみたいな感じ。泡立ちも良くて洗いやすいし使い心地バツグンです。(40歳/乾燥肌)

しっかりした泡に包まれて
もちっと肌に仕上がります

泡質がもっちりしていて体を洗うと全身をパックされている気分になります。泡切れが良くて、洗い上がりはもちっとした肌に。乾燥が気になる季節にも活躍しそうです。

きつすぎない香りがほのかに漂ってくれて、女性だけでなく男性でも気にせず使えると思いますよ。いろいろな香りが発売されているので迷っちゃいますね。(26歳/乾燥肌)

乾燥肌の私には、
ピッタリの洗い心地でした

肌に合うものが見つからず、乾燥がひどくなって皮膚が切れてしまい出血するほどに。ボディクリームも使ってはいたのですが、塗るのが面倒でサボったりしていたんです。

「安いボディソープでいいモノなんてないよね」と思っていたんですが、ハダカラボディソープを使ってビックリ!洗い上がりからしっとりして乾燥が少し緩和され、出血することもなくなりました。(39歳/乾燥肌)

お風呂上がりの保湿が
いらない洗い心地です

息子にプレゼントしてもらいました。保湿に良いと言っていたので、半信半疑で使ってみました。すると、シャワーを浴びた後に今まで感じたことのないようなうるおいが肌に残っていたんです。

試しにいつも寝る前に塗っているボディークリームを塗らずに寝たところ、とくに問題もありませんでした!プレゼントしてくれた息子に感謝しています。(50歳/乾燥肌)

子供でも安心、
家族のボディソープ

子どもがまだ小さいので、家族全員で使えるボディーソープを探していました。結構探したのですが、なかなかいいのが見つからず諦めかけていたとき、ハダカラシリーズで赤ちゃんも使えるボディーソープを見つけたんです。

デリケートな肌にも良いとのことなので、現在家族全員で使っています。香りもフローラルでとても良い感じですし、保湿力もバッチリです。(28歳/乾燥肌)

もこもこの泡が
気に入りました

元々乾燥肌に悩んでいたので、思いきってハダカラボディソープを使ってみることに。

泡がふわふわもっちりきめ細かくて、気持ちいいです。きめ細かいので、皮膚の汚れをすみずみまで吸収してくれそう。

しっかり汚れを落としてくれることに期待ができます。洗い流した後は、しっとりお肌になりました。いつものお風呂上がりの感触と違って、もっちりしていたので良かったです。

馴染みやすい香りも気に入ったので、今後も使い続けようと思います。 (32歳乾燥肌)

清潔な香りが
個人的には良かったです

肌の乾燥がひどかったので、ハダカラボディソープを試してみました。

昔からある石鹸のような、誰もが嗅いだことがある清潔な香りが良かったです。

優しい香りになっているため、臭いを重視する人でも安心して使用できると思います。

泡立ちもよくきめ細かいので、スッキリ洗えました。肌がパサつくことが少なくなったと思います。

少しの量でしっかり泡立つのでコスパ的にもOK。次回も購入予定です。 (35歳乾燥肌)

泡立ちが良く、
へたりにくくて長持ち

毎年乾燥する季節が近づいてくると憂鬱な気分になります。

そんな中、パッケージの良さとCMを見て興味が湧いたハダカラボディソープを購入しました。

普通のボディソープだとワンプッシュで1回分ですが、これは泡が余るくらいもこもこ。なので半プッシュでも十分使えました。

毎日半プッシュで使用できるので、長い目で見て費用面でかなりお得だと思います。

入浴後の肌はしっとりする感じがしました。乾燥する季節に重宝したくなるボディソープです。 (27歳乾燥肌)

ハダカラ ボディソープの特徴

日本初の吸着保湿処方で洗浄力と保湿力を両立

ハダカラのボディソープは水と混ざることで保湿成分が肌に吸着しやすい形に変化する、日本初の吸着保湿処方。洗い流してもうるおいが肌表面に残るので高い保湿力が期待できます。

石けんが汚れを落としたあとにうるおいが肌へ吸着するため、洗浄力と保湿力を両立できるのが魅力です。

「吸着保湿処方」とは

約100種類に及ぶ成分の組み合わせから、3年を費やして完成したのが「吸着保湿処方」。保湿成分(カチオン性高分子)を保湿成分複合体に変化させることで、肌に吸着しやすくなっています。

しっかり汚れを落とせるのにも関わらず、洗浄後は保湿成分複合体が肌をベールのように保護。洗うほどに肌をやわらかく仕上げてくれます。

汚れを落として保湿ができる秘密

ハダカラボディーソープの洗浄成分の主成分は「石けん」。石けん本来の洗浄力で、素早く肌についた汚れを落とすほか、きめ細かくもちっとした泡が、洗うときの刺激から肌を保護します。

さらに肌を保護する保湿成分複合体が、汚れを落とした後の肌に吸着。結果、さっぱりとした洗い上がりと、うるおい実感を実現しています。

ふわふわの濃密泡が全身を包み込むように洗浄

ボディソープの液剤は透明感のあるぷるぷるしたテクスチャー。手のひらにとって少量の水を混ぜてみると、濃密な泡ができあがります。

全身をパックのようにしっとり包み込んでくれます。洗っているときから保湿力を感じるボディソープです。

種類豊富なやさしい香りで洗い上げる

毎日使うものだから香りにもこだわってつくられています。フローラルブーケ・リッチソープ・フルーツガーデン・ピュアローズなど多彩な香りを用意。

ナチュラルな点と、うるおい感のあるほのかな香りが魅力です。女性はもちろん、男性や子どもにもきつくない香りなので家族みんなで利用できます

フローラルブーケの香り

フローラルブーケは、ヘッドスペース技術(新鮮な花の香りを再現する技術)で、ホワイトジンジャーリリーやローズ、ジャスミンの花の香りをいっぱいに詰め込んだハダカラを代表する香りです。

ほんのり甘い摘みたての香りが優しい印象を与え、合わせて癒し系の香りが心をリラックスさせてくれるでしょう。毎日の疲れを癒してくれるボディソープです。

リッチソープの香り

1回のプッシュで浴室にラグジュアリーな香りが広がるリッチソープの香り。時間とともに変化する上質なソープの香りが瞬く間に癒しの空間を演出してくれます。

さわやかな香りのネロリにやさしい香りのライラックをブレンドしているのが、清潔感のある香りのポイント。石けんベースの香りなので、男性にもおすすめです。

フルーツガーデンの香り

まるで果実がそのまま入っているような、みずみずしい香りのするフルーツガーデンの香り。仕事が忙しくて少しだるいと感じる日は、柑橘系ベースの香りがおすすめ。疲れた体と心をさわやかな香りが癒してくれます。

甘く香るプルメリアとフルーティーなトロピカルフルーツ、さわやかなオレンジをプラス。大人から子どもまで楽しめるボディソープです。

グリーンフルーティの香り

新鮮な青リンゴや絞りたてのグレープフルーツを思わせるフレッシュな香りのグリーンフルーティーの香り。ジャスミンをブレンドすることで、より爽快な香りを実現しています。疲れた身体をボディウォッシュすれば、気分爽快に!

また「保湿+サラサラ」タイプなので、しっとり保湿したい女性はもちろん、さっぱり洗い上げたい男性にもおすすめです。

ハダカラ ボディソープの成分

水、PG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、パルミチン酸、アクリル酸アルキルコポリマー、ラウリルベタイン、フェノキシエタノール、香料、ミネラルオイル、ポリクオタニウム-6、イソステアリン酸PEG-3グリセリル、エタノールアミン、ポリクオタニウム-7、セテス-20、EDTA

ハダカラ ボディソープの成分解析

PG

PGとは、プロピレングリコールという有機化合物のこと。ハダカラのボディソープには、水の次に多く配合されています。

肌の保湿や、菌の増殖を抑制する作用があり、品質安定剤として使用されます。石油由来の無色無臭成分で、香料や精油、樹脂などを溶かして、成分と均一にする時にも使用します。

水酸化K

水酸化カリウムは、高い洗浄効果が期待できる成分。石鹸をつくる際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合して、強力な油やタバコのヤニ落としとしても使われます。

溶解力の弱い水酸化カリウムを使用して石鹸にすることで、ほどよい洗浄力と保湿力が保つことが可能に。ハダカラボディソープには、水酸化カリウムの中でも弱い成分が配合されているため、安心して使えるボディソープだといえます。

フェノキシエタノール

化粧品やシャンプーなどに配合され、防腐剤や溶剤として使われている成分です。酸化や雑菌の繁殖から守り、製品の品質を保つはたらきがあります。

防腐剤は、人体への悪影響を防ぐために欠かせない成分で、洗顔ソープやシャンプー、ボディソープといった化粧品全般に配合されているのが特徴です。

多少の肌刺激はありますが、成分を使用するには厳しい規制をクリアする必要があるため、安全な成分だといえるでしょう。

ミネラルオイル

ミネラルオイルは、地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、化粧品やクレンジングオイルの基剤に使われることが多い成分です。

皮膚保護剤として使用され、酸化しにくく、皮膚を長時間保護してくれるはたらきがあります。アトピー性皮膚炎の方オイルや、赤ちゃん用の保湿オイルなどの主成分としても使われるため、安心して使用できるでしょう。

また、肌表面に膜をつくるはたらきがあるため、外部刺激から肌を守ることができます。

ポリクオタニウム-7

ポリクオタニウム-7は、界面活性剤(水と油になじみやすい洗剤)に分類される成分。原材料は、アクリル酸アミドやジメチルジアリルアンモニウムクロリドなどを合体して作られます。

洗顔ソープやシャンプーなどに配合されているのが特徴で、毛髪や皮膚の表面にバリアとなる膜をつくることで、髪や肌を保護してくれるはたらきが。泡をきめ細かく増加させるはたらきも期待できます。

身体的な悪影響に関する報告がないため、一般的に配合されている分量の範囲内では特に問題なく使用できます。

セテス-20

セテスとは、パーム油などの天然脂肪酸から生成される非イオン性界面活性剤(水に溶けても問題ない成分)です。モル数(物質量)によって、「セテス-1」「セテス-2」のように番号が入ります。

化粧品や乳液、クリーム、ローション、洗浄製品といったさまざまなスキンケア商品に使用されており、これまでの研究結果によると、「セテス-7」より高い数値は、アレルギーや皮膚のトラブルの報告がありません。

反対に、「セテス-7」以下の数値の場合、高濃度のため皮膚に刺激が起こる可能性が高くなります。ただ、いまだにアレルギーや皮膚トラブルの報告がないのも事実。いずれにせよ、どちらも問題なく使用できる成分といえるでしょう。

ラウリルベタイン

ラウリルベタインは、天然由来の成分を配合して作られるベタイン系の界面活性剤(水と油になじみやすい洗剤)。低刺激で優れた増粘効果、起泡力を有しているのが特徴です。

洗浄成分としてスキンケア製品に使われることがおもで、アレルギーや皮膚感作性の報告もないことから、安心して使用できる成分だといえるでしょう。

ただし、肌に成分が残ったままだと皮膚のトラブルが起こる可能性あるため、必ず洗い残しのないようにしましょう。

ハダカラ ボディソープの基本情報

製造元 ライオン
内容量 500ml
参考価格 オープン価格
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
比べたのはコレ!乾燥肌向けボディソープ22商品の口コミ