水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌向けボディソープ22商品すべての水分量+皮脂量を計測! » 比べたのはコレ!乾燥肌向けボディソープ22商品の口コミ » ミュオ ボディソープ

ミュオ ボディソープ

ミュオのボディソープで洗った後の水分量・皮脂量を測定。合わせて口コミ評判や製品情報もまとめています。

ミュオ ボディソープの水分量・皮脂量データ

before after
ミュオ_計測画像_before ミュオ_計測画像_after
水分量 29% 水分量 40%
皮脂量 44% 皮脂量 26%

実験前の肌数値は、水分量が29%、皮脂量が44%。これは、肌の水分不足を補うために油分が過剰に分泌されているインナードライの状態です。

そこからミュオのボディソープで洗った後の数値は、水分量40%、皮脂量が26%。肌の状態は、「普通の状態のお肌」との計測結果が出ました。

ミュオ ボディソープを使用した感想

ミュオのボディソープは、テクスチャーがゆるく、しゃばしゃばとした印象ですが、洗いあがりは肌にボディソープが残っているようなぬるっとした仕上がりでした。

これは、さっぱり洗い上げたい方には不向きですし、乾燥肌対策ともまた違うような?湯上りに特にトラブルは起きませんでしたが、不思議な感触が残るボディソープでした。

ミュオ ボディソープの口コミ評判

しっとり感が続くから乾燥しにくい

使ったときのほどよい泡立ちと爽やかな香りが気に入っています。アロマの香りでいやされながら洗うのもいいですね。使用感や感触は普通で、洗い上がりがしっとりしています。割としっとり感が続くので、いつもは乾燥している肌も気にならないくらいに落ち着いていて良かったです。私は敏感肌でもあるので、無添加のボディソープなのは助かりました。

洗い上がりが適度にしっとりしていて◎

天然由来の成分を使っているところと、洗い上がりがしっとりしすぎない肌になる点が好みです。モコモコの泡を作ってなでるように洗うと、ボディクリームなしでも過ごせるようになります。冬場はさすがに厳しいものの、クリームと併用すれば問題ナシ。香りも良いので、一日の終わりにリラックスしながらお風呂に入れます。

添加物が入っておらず、肌に優しい

ミュオのボディソープを使ってみましたが、少量で充分泡立つし泡の持ちも割といいので満足しています。洗い流す際もあまり手に残らないので、私は使いやすいと感じました。合成香料や防腐剤などの添加物が入っていないので、肌に優しいところが良いですね。香りもそこまで気にならず、日常的に使える商品だと思います。

ミュオ ボディソープの特徴

酒粕エキス・米ぬかエキスの「W保湿成分」を配合

ミュオのボディソープには国産米由来の酒粕エキスと米ぬかエキスを配合しています。どちらも優れた保湿効果があるため、肌のうるおいを保つのに役立つ成分です。さらに酒粕エキスには糀菌の代謝によってできた「糀発酵セラミド」が付いているため、より高い保湿効果が期待できるでしょう。

肌を保湿する「うるおいキープ処方」

クラシエ独自の「うるおいキープ処方」を採用しており、汚れを落としつつうるおいを保ってくれるのがミュオのボディソープ。マイルドに洗い上げるアミノ酸系洗浄成分と保湿成分であるグリセリンを合わせて配合することで、必要な皮脂を残して肌を保湿することができます。

着色料や防腐剤など7つの添加物を不使用

ミュオのボディソープでは着色料や防腐剤、品質安定剤など7種類の添加物は使っていません。不要なものは入れず、アレルギーが起こりにくい商品に仕上げています。そのため、肌が敏感な方でも使いやすい商品です。

ミュオ ボディソープの基本情報

製造元 クラシエ
内容量 480ml
参考価格 オープン価格
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
比べたのはコレ!乾燥肌向けボディソープ22商品の口コミ