水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 化粧水、乳液、美容液…人気ブランドの乾燥肌対策シリーズ » ミノンの乾燥肌対策シリーズ

ミノンの乾燥肌対策シリーズ

「ミノン」シリーズ

1973年に誕生した「ミノン」は、「化粧品アレルギーによる肌トラブルをなくしたい」という想いを原点に歴史が始まりました。ブランド名のミノンは、3つのNon(ノン)が由来で、ノンアレルギー(アレルギーの原因物質を極力カット)、ノントキシック(低毒性)、ノンアルカリ(弱酸性)という意味が込められています。まだ敏感肌という言葉も一般的ではなく、化粧品による肌トラブルが多発していた時代から、ミノンは肌への優しさにこだわり続けた商品づくりを行っています。

ミノンの各アイテムは、乾燥肌・敏感肌の方向けに作られているのがポイント。デリケートでスキンケア商品選びが難しい方にもおすすめできるアイテムばかりです。

アミノモイストモイストチャージローション(化粧水)の特徴

成分の特徴

ミノン独自のアミノモイスト処方、9種類のアミノ酸系成分(バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、グリシン、アラニン、アルギニン)を配合し、肌のバリア機能をサポート。

乾燥肌・敏感肌を考えた処方となっているのが特徴で、合成香料、合成着色料、エチルアルコール、パラベン、紫外線吸収剤、が無添加となっています。また、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済みで安心感があるのも嬉しいポイントです。

ミノンの化粧水シリーズは主に2種類のタイプがあり、しっとりタイプの「ローションⅠ」、もっとしっとりタイプの「ローションⅡ」から選ぶことができます。使用感や好みに合わせて選べるのでとても助かりますね。

モイストチャージローションⅠの口コミ

良かった口コミ

「やや敏感肌・乾燥肌の私にぴったり」23歳女性、混合肌

ミノンは乳液の方を先に使い始めていて、元々は別のブランドの化粧水を使っていました。最近、乾燥を感じてきていたので試しにこちらに変えてみました。結果、やや敏感肌・乾燥肌ですが私にはぴったりでした!

ニキビができやすいので刺激がほぼ無いのも助かります。今まで使っていたものよりも浸透力がありますし、いつまでも残るような嫌なベタつきもありません。価格も高すぎないのでしばらくリピート決定ですね。

失敗した(合わなかった)口コミ

モイストチャージローションⅠの口コミ
「ちょっとベタつきます」39歳女性、乾燥肌

以前からCMなどで見て気になっていたので、化粧水が切れたタイミングで購入しました。

こちらはしっとりタイプということで、浸透が遅いような気がして少しベタつきます。ベタベタするのが苦手な私にはちょっと合わないかも…。

ただ、確かに低刺激で肌には良さそうですね。使ってもピリピリしませんし、ノントラブルです。

モイストチャージローションⅡの口コミ

良かった口コミ

「私的にはかなりヒット!」28歳女性、乾燥肌

敏感肌にも使えて保湿力がある化粧水を探していて、以前から気になっていたこちらのもっとしっとりタイプを購入しました。

洗顔後、タオルで軽く水分を取ってからすぐに塗っているのですが、とろりとした保湿力を感じて、私的にはかなりヒットです!

肌に吸い付くような質感がたまりませんね。サラサラ系よりしっとり系が好みの方におすすめです。

失敗した(合わなかった)口コミ

「名前の通りもっとしっとりでした」39歳女性

こちらの乳液が好きなので化粧水も買ってみましたが、私にはちょっと合いませんでした。

もっとしっとりと名が付くだけあって、この化粧水は肌に入れた後も表面にペタペタと残る気がします。後に使う美容液にちょっと邪魔かも?

「乾燥を防ぐ」という目的なら確かに良いかも知れませんが、スキンケアとしての使用感はイマイチでした。

アミノモイストモイストチャージミルク(乳液)の特徴

成分の特徴

9種類のアミノ酸系成分(バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、グリシン、アラニン、アルギニン)を配合した、ミノン独自のアミノモイスト処方が特徴。乾燥肌・敏感肌のバリア機能をサポートできる保湿成分が配合されています。さらに、合成香料、合成着色料、エチルアルコール、パラベン、紫外線吸収剤の5つが無添加。アレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済みで、乾燥肌・敏感肌の方でも使いやすいように工夫されているのがポイントです。

こちらは乳液なので、化粧水よりも保湿力が強化されています。

良かった口コミ

「乾燥肌の私でもしっとりが続く」32歳女性、乾燥肌

こちらの乳液は口コミでもとても人気のある商品で以前から気になっていて、ようやく使うことができました。

私は乳液先行のスキンケアをベーシックケアにしています。子供が小さい為、お風呂上がりはもう大変。戦争です…。パパっと簡単に済ませたい時は、化粧水の後にミノンの乳液を使っています。

こちらは乳液というよりはクリームの使用感に近い感じですね。伸びも良いですが、その後のモチっとした感じが気持ち良いです。私は乾燥肌ですが、翌朝までちゃんとしっとり肌が続くのでとてもお気に入りです!

失敗した(合わなかった)口コミ

「肌に優しい感じはしますが…」31歳女性、敏感肌

乾燥肌で敏感肌の為、基礎化粧品は結構迷走していました。ミノンの乳液は敏感肌にも優しいという事で、使ってみたのですが、ベタつきが残るような気がします…。

確かに私の肌質でも特に刺激は感じず、肌に優しい感じの使用感でした。でもやっぱりベタつく感じがイマイチでしたね…。

アミノモイスト 薬用マイルド ホワイトニング(美容液)の特徴

成分の特徴

ミノン独自の9種類のアミノ酸系成分(バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、グリシン、アラニン、アルギニン)を配合し、乾燥肌・敏感肌のバリア機能をサポート。さらに、メラニンの生成抑制成分であるビタミンC誘導体のL-アスコルビン酸 2-グルコシド、抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kを配合することで、しみ・そばかすを防ぎ、炎症を抑えるケアができるのも特徴です。シリーズ共通の、合成香料、合成着色料、エチルアルコール、パラベン、紫外線吸収剤の無添加処方。敏感肌・乾燥肌の方の連用テストによるアレルギーテスト済み、パッチテスト済み、スティンギングテスト済み、という点も安心感があって使いやすい仕様になっています。

良かった口コミ

「肌が安定しています」32歳女性、敏感肌

ミノンシリーズは、化粧水と乳液とシートマスクを普段から使用しています。「夏だし美白美容液も使ってみよう!」と思い、購入してみました。 肌を白く明るくする美白効果が期待できるアイテムかと思っていたのですが、よくよく調べてみると、メラニンの生成を抑えてしみ・そばかすを防ぐ、というアイテムであることがわかりました。美白効果を期待している方は注意です。

使い心地に関しては、肌荒れはせず潤いを与えてくれて、トロッとしたテクスチャーできちんと浸透してくれてる感じ。ベタベタせずに潤う使用感です。何より肌に合っているみたいで、使い始めてから肌が安定しているのが嬉しいです!

私にとっては、とっても良いアイテムでした。

失敗した(合わなかった)口コミ

「美白効果はあまり期待せずに!」33歳女性、混合肌

ミノンシリーズには好印象を持っています。こちらも使用してみて、肌荒れ等はありませんでしたし、保湿効果もしっかりと感じられるアイテムだと思います。しかし、ホワイトニング効果があるかと言われると、そこまで実感はありませんでした。

ドラッグストアで手の届きやすいお値段の商品ではありますし、敏感肌と乾燥肌の方は試してみる価値アリだと思いますが、美白効果は重視しない方が良いかもしれませんね。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
化粧水、乳液、美容液…人気ブランドの乾燥肌対策シリーズ