水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌に効果的な成分を解説!

乾燥肌に効果的な成分を解説!

乾燥肌を対策できる代表的な成分、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンと、スクワランや馬油について紹介しています。各成分にどういった働きがあるか知っておくことで、乾燥肌対策にも役立ちます。

乾燥肌に効果的な成分1:セラミド

セラミドは肌の表面に近い、角質層にあります。細胞間脂質といううるおいを保ったり、バリアとして機能したりする脂質の主成分です。近年注目を集めている成分で、肌のうるおいを保つためには欠かせないと言われています。

乾燥肌に効果的な成分2:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の奥にある真皮層に多く存在しているムコ多糖類の1種。ねばねばとした特性があり、水分を蓄えたり肌にハリや弾力を与えてくれる成分です。肌の他に関節や軟骨、眼球などにもヒアルロン酸が含まれています。

乾燥肌に効果的な成分3:コラーゲン

コラーゲンはたんぱく質の1種です。人間の体には数種類のコラーゲンがあり、皮ふにあるコラーゲンは繊維状になっており、細胞を支え水分を蓄える働きを持っているのが特徴。化粧品ではなかなか浸透しにくいため、食事やサプリメントからの摂取がおすすめです。

乾燥肌に効果的な成分4:スクワラン

スクワランは哺乳類や植物由来のスクワレンという成分を酸化しないよう安定させたもので、保湿剤や潤滑剤としての作用があります。人間の皮脂膜と似た働きがあるため、バリアの役目を果たしてくれるのが特徴です。

人間の体でもスクワレンは作られているため刺激が少なく、化粧品やボディケア用品に使用されています。

乾燥肌に効果的な成分5:馬油

馬油(バーユ、マーユ)は馬の皮下脂肪を材料にして作られています。クリームタイプと液タイプがあり、肌の乾燥には塗りやすいクリームタイプがおすすめです。人間の皮脂に近いため肌馴染みがいいと言われています。

保湿効果や抗酸化作用、抗炎症作用などがあるとされ、乾燥だけでなくかゆみなどにも一役買ってくれそうです。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌に効果的な成分を解説!