水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌の症状・悩み別に対策! » かゆみ

かゆみ

乾燥肌が深刻な方の場合、「1年中、肌がカサカサしてかゆい」という方も多いのではないでしょうか。ここでは、乾燥肌でかゆみが起こる原因と、対策方法を3つ紹介します。

乾燥肌でかゆみが起こる原因

肌のバリア機能低下による影響

気温や湿度が下がることで、肌の乾燥や血流の悪化を招くことに。肌の水分が蒸発しやすくなる、肌細胞に十分な栄養が届きにくくなるなど、肌表面のバリア機能が低下します。

結果、花粉や化粧品など外部からの刺激を防ぐことができず、かゆみに過敏な状態となるのです。

ゴシゴシ洗いで肌の保湿成分が減少

肌を強くこすると、肌表面のバリア機能を剥がすほか、肌の角層を傷つけるため、ゴシゴシ洗いは絶対NG。かゆいからといって、強くこすってしまうのも良くありません。肌状態が悪化し、さらにひどいかゆみを引き起こす要因となります。

栄養不足・睡眠不足などのライフスタイルの影響

乱れた栄養バランスや不規則な生活リズム、無理なダイエットは、肌細胞に十分な栄養素が届かなくなる原因。乾燥肌や肌荒れにつながり、かゆみを引き起こします。また暖房やエアコンの使い過ぎも、湿度を低下させて肌の乾燥トラブルを招きます。

乾燥肌によるかゆみを対策するには

高保湿成分を配合したボディソープを使用する

乾燥肌によるかゆみで悩んでいる方は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたボディソ―プが◎。乾燥肌用のボディソープは高保湿成分が含まれているため、お風呂上がりの乾燥を防いでくれます。

とくにおすすめなのは、セラミドが配合されたボディソープ。セラミドが作り出す「角質細胞間脂質」が肌のバリア機能を担ってくれるので、肌水分の蒸発を抑えてくれます。

ゴシゴシ洗いはNG!泡で体を優しく洗う

ボディソープをよく泡立てて、きめ細かな泡で体を優しく包むように洗いましょう。濃密な泡が汚れをしっかり吸着して洗い流してくれます。手ではなく、ボディタオルやスポンジを使うのが、きめ細かな泡をつくるコツです。泡で出てくるタイプのボディソープもあるため、それを使用するのがおすすめです。

規則正しい食事と十分な睡眠を心がける

肌細胞に必要な栄養素が行き渡るように栄養バランスに注意した食事を心がけましょう。レバーやにんじんに含まれるビタミンAや、豆類や植物性油に含まれるビタミンEが最適です。

また、肌のターンオーバーを正常にするため、しっかりと睡眠をとることも大切。また、エアコンや暖房の使用による乾燥を防ぐため、加湿器を使って対策するようにしましょう。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌の症状・悩み別に対策!