水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌の症状・悩み別に対策! » 皮むけ

皮むけ

乾燥肌がひどくなると皮むけの症状まで起こってしまう方に向けて、皮がむける原因と皮むけ対策のポイントをまとめました。

乾燥肌で皮むけが起こる原因

「洗い過ぎ」が原因になることも

古い皮脂が残ると酸化して毛穴詰まりの原因になることもあるので、念入りにお肌を洗う方も多いかもしれません。しかし、汚れは泡をつけた時点でほとんどの汚れは落ちます。とくに顔の皮膚は薄いので、長い間洗ってしまうことで、セラミドが失われます。

お肌に強い刺激を与えている

皮がむけてガサガサすると、ついピーリングをしたくなりますが、これはNG。無理やり角質をはがしてしまうと、まだ成長し切らない未熟な皮ふがむき出しに。洋服の擦れなどちょっとした刺激でも肌トラブルが増え、皮むけが悪化する可能性もあります。

スキンケアの方法を間違えている

1度乾燥してむけてしまった角質は、化粧水だけでは水分を取り戻せません。細胞と細胞の間をくっつけるセラミドが不足している状態なので、化粧水を変えるのではなくセラミドを補うようなスキンケアにするのがおすすめです。

乾燥肌による皮むけを対策するには

たっぷりの泡で優しく手洗いする

肌の細胞同士をくっつけるセラミドは、ゴシゴシと洗うことでどんどん失われてしまいます。体を洗う時には手洗いがおすすめ。力を入れ過ぎずに、泡で全身をなでるように洗いましょう。

さらに、お風呂から上がったあとに強い力でタオルドライをするのはNG。角質を痛めて皮むけが悪化してしまうので、タオルに水分を吸わせるよう体を拭きましょう。

必要以上の保湿ケアを避ける

肌が乾燥しているからと、たっぷりの化粧水を使ったりクリームでフタをしたりするのは逆効果になる可能性も。化粧水をつけすぎると、肌の水分と一緒に蒸発してしまい、かえって乾燥がひどくなってしまうことがあります。

保湿のし過ぎで角質がもろくなり、さらに皮むけしやすい肌になるかもしれないので、「いつもたっぷりの化粧水とクリームで保湿しているのに皮むけする」という方は、1度保湿ケアを見直してみるのも手です。

保湿だけではなくセラミドを補う

皮むけを起こした乾燥肌に足りないのは、水分ではなくセラミドなどの油分です。セラミド配合のボディソープや化粧水を使って補うのがおすすめ。とくにヒト型セラミドは肌なじみが良いので、無理にすり込まなくてもうるおいを実感しやすいのが特徴です。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌の症状・悩み別に対策!