水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌対策ラボラトリー【ボディケア編】 » 乾燥肌の症状・悩み別に対策! » 粉吹き

粉吹き

粉吹きは、乾燥した角質がポロポロと落ちている状態。粉を吹くほど乾燥する原因と、粉を吹いた乾燥肌の対策方法をまとめました。

乾燥肌で粉吹きが起こる原因

メイクや洗顔による摩擦での刺激

メイクや洗顔後のタオルドライなど、摩擦による刺激が多いと、乾燥肌となり粉を吹く原因となります。また、化粧水を使うときにゴシゴシとこすると、摩擦による刺激で、角質層が傷つく恐れもあります。

紫外線による角質へのダメージ

紫外線は、乾燥肌を悪化させてしまう要因のひとつ。冬でも多くの紫外線がふり注いでいるので油断は禁物です。直接紫外線を浴びることで角質層がダメージを受けてしまい、うるおいを保てなくなり、乾燥した角質層が剥がれ落ちます。

血行が悪く体が冷えている

肌の保湿成分をつくるためにも、栄養は不可欠です。体が冷えると血行が悪くなり、肌まで栄養を届けることができなくなります。弱まった細胞は、保湿成分をつくることができず、カサカサに乾いてしまって粉吹き肌になってしまいます。

乾燥肌による粉吹きを対策するには

顔や体の汚れは泡を滑らせるだけ

入浴時には、できるだけ肌を刺激しない方法で顔や体を洗いましょう。タオルやスポンジは使わず、泡を滑らせるように手洗いするのがおすすめです。

「汚れが落ちている気がしない」という方もいますが、泡を滑らせるだけで十分汚れが落ちます。湯船に浸かって毛穴を開いておくことで、しっかりと汚れを落とせます。

お風呂上りの保湿ケアはしっかりと

お風呂から上がった後はとくに乾燥しやすい状態。できるだけすぐに保湿しましょう。粉吹きしやすいすねや肘、腕にはクリームを塗って念入りな保湿が必要です

エアコンを使用するときは、部屋の加湿を忘れずに。加湿器を使って湿度60%くらいに保つのがおすすめですが、加湿器がなければ濡れタオルをかけておくだけでも室内の乾燥を防げます。

肌をつくる元となるたんぱく質を摂る

たんぱく質は、肌の組織をつくるのに欠かせない栄養素。保湿成分であるセラミドやコラーゲンも、たんぱく質なしではつくれません。

良質なたんぱく質といわれる肉や魚から取れる動物性たんぱく質は、高カロリーのため食べ過ぎると肌が荒れてしまう原因に。乳製品や卵、肉、魚、大豆類をバランスよく食べるのが理想的です。

水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
水分量・皮脂量を計測!乾燥肌のためのボディーソープ22商品徹底比較
乾燥肌の症状・悩み別に対策!